search

商品名を入力


カテゴリー

ホーム > 皮革の種類

革の種類
革になるまでの原料皮
牛皮

牛の皮は最も多くの製品に使用されています。見た目にも美しく、丈夫な素材なので幅広い用途(靴・鞄・衣類)で使用されています。

  • カルピン(未産の雌)
  • カーフ(6ヶ月以内)
  • キップ(6ヶ月~2年以内)
  • ステア(3~6ヶ月以内に去勢した雄)
  • カウ(2年以上の子供を産んだ雌)
  • ブル(生後3年以上)
馬皮

摩擦に対しての抵抗力が弱いため、靴のライナーやジャケットに使用されることが多いです。

  • ホースレザー
  • コルトレザー(仔馬)
  • コードバン(馬のお尻部分)
豚皮

表面が摩擦に強く、軽くて丈夫なのが特徴です。 3つで1群となった毛穴と通気性がよいのも特徴です。

羊皮

強度や摩擦には弱い羊ですが、キメの細やかさと柔らかさは抜群です。しっとりとし衣類や手袋などによく使用されます。

カンガルー皮

丈夫さとしなやかさが特徴で、伸びて変型しないため。レザージャケットやスポーツシューズに最適です。

山羊皮
羊の革よりも繊維が緻密で硬いため、薄くて強いのが特徴です。型崩れしないことも特徴の一つです。
爬虫類

独特なウロコ模様が特徴を生かし製造されます。高級な靴や鞄時計のベルトなどによく使用されます。

  • ワニ(クロコダイル・アリゲーター)
  • リザード
  • ヘビ
  • オーストリッチ
 


仕上げによる革の違い
ヌメ皮
タンニンでなめし、染色も塗装もされていない革です。キズが付きやすいのが欠点ですが、丈夫で長持ちです。
銀面
革の表面で毛の付いた側の銀面層を生かした革
ガラス張り
クロームでなめした皮に、ガラス板やホーロー板に張り付けて乾燥させ、銀面をパフした革で硬くてツヤがあります。
 
スウェード
革の裏面にサンドペーパをかけ、ケバを持たせ起毛加工させた革です。 仔牛、山羊や羊を使用します。
牛皮
革の裏面にサンドペーパをかけ、ケバを持たせ起毛加工させた革です。 スェードよりも粗く毛足が長いのも特徴です。成牛を使用します。
ヌバック
銀面をパフし仕上げた革です。スウェードよりも毛足が短く目が細く、しっとりとした感触です。
 
ベロア
なめしの工程中に薬品と熱を加え縮めた革です。
革の表面にシボがあることが特徴です。ポピュラーな素材です。
エナメル
表面にウレタンなどの樹脂染料をコートした革です。表面にツヤや輝きがあります。また、パテントレザーとも呼ばれる。

型押し
銀面に過熱した高圧型番で型を付けた革です。皮革ををクロコ、ヘビ革風にするなど、さまざまな形があります。

ナッパ
羊や山羊の銀付き革です。非常に柔らかくしっとりとした革です。クロームでなめした柔らかい牛革もナッパと呼びます。
オイルレザー
タンニン又はクロームでなめた後、革にのオイルをたっぷりと染み込ませた革です。耐久性に優れ、柔らかさとしなやかさを持っています。
アニリン
銀面の特徴をを生かすために、表皮を削らずに残し透明な染料(アニリン)加工を施したものです。


現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

ログイン


Mobile collonil.jp
大切な情報のやり取りはSSLで暗号化されています