search

商品名を入力


カテゴリー

ホーム >今より楽になる!お手入れブラシ講座

今より楽になる!お手入れブラシ講座のバナー画像

今より楽になる!お手入れブラシ講座

 これを読めばきっとアナタもブラシマスター!ブラシそれぞれの特長はもちろん、ちょっとした裏ワザもご紹介します。

 大事なレザーをお手入れするとき、今までTシャツの切れ端を使ってたけど、やっぱりやりにくい…。そんな悩みはブラシを使えば解決します。しっかりとホコリを払い落とせる弾力ある天然毛や、持ちやすくデザインされた型。その使いやすさと効率の良さで、皆さまのお手入れライフをもっと楽にしてくれますよ!


ポイント1 こんなに楽!布だけではできないアレコレの画像

ポイント1 こんなに楽!布だけではできないアレコレ

 お手入れにブラシを使うと、とにかく楽なんです。例えば細かい箇所にクリームを塗るときや、全体のホコリを落とすとき。そういうときにブラシを使ってみてください。天然毛が製品の隅々まで届きますので布では届かない箇所にもクリームが行き届き、また布でやると繊維が付いてしまっていたホコリ落としも、ゴミが付着することなくスピーディーに確実にできるようになるんです!指を汚さずクリームを塗布でき、また布のように染み込まないのでクリームを無駄なく使えて経済的。これからは、ブラシを使ってお手入れしましょう!

▲ページトップに戻る

ポイント2 毛の固さが違う理由の画像

ポイント2 毛の固さが違う理由

 ブラシはそれぞれ毛や素材が違い、固さも異なります。固いものほど頑固な汚れを落とし、柔らかいものはホコリや毛並みを整えます。更には、ツヤ出しに用いるフワフワのゼータクな山羊毛製のものもあるんです。そしてゴム製のものは起毛皮革の汚れ落とし用。それぞれに理由があるんですね。

▲ページトップに戻る

ポイント3 その型には意味があるの画像

ポイント3 その型には意味がある

ブラシを見てみてください。色んな型がありますね。実はこれにも意味が。滑らないように溝ができていたり、つまんで持ちやすいようになっていたり。中にはこびりついた泥や石をこそげ落とすものまで!起毛用には毛並みを整えるミニブラシが付いていたりと考えられています。

▲ページトップに戻る

ポイント4 お手入れを楽にする裏ワザ!使い方はひとつじゃないの画像

ポイント4 お手入れを楽にする裏ワザ!使い方はひとつじゃない

ブラシが持つ機能はひとつだけじゃありません。クリーニングフォームを付けて全体を洗ったり、塗り過ぎてしまったクリームを取り除いたり。ちょっと応用するだけで色んな使い方ができるんです。

▲ページトップに戻る


Application 塗布の画像

Application 塗布

 使いだしたらもうTシャツには戻れません!クリームを塗布するのが楽になるブラシです。天然毛なので、布のようにクリームが染み込まず常に適量を取ることができ、クリームの節約にもなります。細かい箇所にも毛が入り込むのでしっかりと塗布することが可能です。指が汚れないので、すぐにお出かけするときも安心です。

▲ページトップに戻る

1909アプリケーションブラシの画像

1909アプリケーションブラシ 各900円+税

小ぶりでつまんで持ちやすいデザインが、靴や革小物などをお手入れするときに便利な馬毛製ブラシです。2色展開なのでクリームやレザーの色によって使い分けしやすいですよ。

▲ページトップに戻る

クリームブラシの画像

クリームブラシ 500円+税

 こちらも馬毛製です。1909アプリケーションブラシと用途は同じですが、形状がハンドル型で毛の密度が高いので、バッグやウェアなど広範囲にクリームを塗布するのに便利です。

▲ページトップに戻る


Brushing ブラッシングの画像

Brushing ブラッシング

 これがないと始まらない、お手入れ時の基本アイテム!ホコリや泥を落としたり仕上げに磨いたり。また、クリーナーを付ければ広範囲を一気にクリーニングできるなど、汎用性があって頼もしい。

▲ページトップに戻る

1909ファインポリッシングブラシの画像

1909ファインポリッシングブラシ 2,800円+税

思わず頬ずりしたくなるような、フワッフワの山羊毛で作られた贅沢な逸品です。主に仕上げのツヤ出しブラシとして使いますが、ホコリ落としにも使えます。発売以降、山羊毛のあまりの柔らかさに、普通のブラシだとレザーにキズが付くんじゃ…という不安からブラシを避けていた方たちを虜にしています!

▲ページトップに戻る

馬毛ブラシの画像

馬毛ブラシ 各1,500円+税

玄関にひとつ置いておきましょう。お出かけ前とご帰宅後にサッとひとかけ。ブラッシングはお手入れの第一歩です。ホコリ落とし、仕上げのブラッシングはコレにお任せ!大きくて、毛がギッシリと詰まっていますので、しっかりとホコリを払い落とせます。手に沿うよう絶妙に反り返り、サイドには溝があるのでブラッシング時に滑りにくいデザインになっています。3色展開なのでレザーの色や製品によって使い分けしやすいですよ。

裏ワザ…クリームを塗布した後に馬毛ブラシでブラッシングしましょう。表面やステッチの段差などに残った余分なクリームを取り除きながらより浸透させることができます!

▲ページトップに戻る

馬毛ブラシ小の画像

馬毛ブラシ小 700円+税

小ぶりなデザインなので、手が小さな女性も安心して使えます。毛の密度はそれなりですが、リーズナブルなので数を揃えたい場合にもオススメです。

▲ページトップに戻る

豚毛ブラシの画像

豚毛ブラシ 600円+税

馬毛よりも固い豚毛製のブラシは、ホコリはもちろん泥も落とすことができます。また、隙間に入り込んだ頑固な汚れを落とすのにも最適です。

裏ワザ…バッグやウェアなど広範囲なもののクリーニングに使ってみてください。クリーナーをブラシにかけて全体をブラッシングすると布でやるよりも短時間でクリーニングできます!

▲ページトップに戻る


Cleaning クリーニングの画像

Cleaning クリーニング

>  素材や製品に特化したクリーニング系ブラシも揃っています。アウトドアシューズに付着した頑固すぎる泥汚れをこそげ落としたり、起毛皮革の汚れを落とすゴム製のものもラインナップされています。

▲ページトップに戻る

クリーニングブラシの画像

クリーニングブラシ 1,200円+税

登山家にマストなブラシです!ナイロン製でハリのあるブラシは、アウトドアシューズにこびりついた頑固な泥汚れを落とすのに用います。そして木の部分をよく見てください、端が斜めになったり尖ったりしていますよね。これは泥をこそげ落としたりソールに挟まった石を取り除くためのデザインなんですよ!

▲ページトップに戻る

クレープブラシの画像

クレープブラシ 1,400円+税

起毛皮革のクリーニング用に開発されたアイテム。クリーニング時に使うゴム部分はクレープ状に折り重なっていますが、これは起毛皮革の毛を逆立たせながら汚れを効果的に掻きだすため!しかも天然ゴム製なので皮革に優しくキズつきにくい!お手入れの最後には、横に付いたナイロンブラシを使って毛並みを整えましょう。

▲ページトップに戻る

コンビブラシの画像

コンビブラシ 500円+税

こちらも起毛皮革用のクリーニングブラシ。全体汚れ用、隙間汚れ用、部分汚れ用、毛並み整え用と、なんと4つの機能が合体したスグレモノ!

▲ページトップに戻る


ブラシ以外にもある!お手入れ時に便利な道具たち

レザーグローブの画像

レザーグローブ \2,700+税

レザー製品をツヤツヤに仕上げてくれる羊毛製のグローブ!お手入れの最後の仕上げには、これを使って磨いてください。手に入れたらアレもコレも磨きたくなりますよ。


▲ページトップに戻る

マイクロクリーンの画像

マイクロクリーン \1,800+税

コットンよりも柔らかく手触りが良い、2面タイプのマイクロファイバー製クロス。ラフ面でホコリや汚れを落とし、ソフト面を仕上げや磨きに使います。洗濯できるのが嬉しい。


▲ページトップに戻る

ポリッシングクロスの画像

ポリッシングクロス \400+税

クリーム塗布、乾拭き、クリーニング時など、なんにでも使える汎用性の高い基本アイテム!厚みのあるコットン100%素材は、しっかりとしていながらとても柔らかく製品を傷つけません。もちろん洗濯可能です。


▲ページトップに戻る

スポンジの画像

スポンジ \400+税

靴に付着した泥汚れなどを落とす際に使用するクリーニング用の海綿スポンジです。クリーナーをつけて靴を洗うときにお使いください。


▲ページトップに戻る


現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

ログイン

大切な情報のやり取りはSSLで暗号化されています

Mobile collonil.jp