search

商品名を入力


カテゴリー

ホーム > ブランドのお手入れ > ブランズオフ2008年 > LESSON6 エルメスのレザーアイテムの基本メンテナンス



collonil

LeatherCare LESSON6 エルメスのレザーアイテムの基本メンテナンス

2ヵ月ぶりに登場のメンテガール2号・半沢。
今回は作業メニューも盛り沢山!果たして高価なエルメスをしっかり メンテナンスできるのでしょうか?



作業01
レザーソープとソフトガミでバッグをクリーニング

STEP01

きれいなポリッシングクロスにピンポン球大ほど取る。一度に多量取り過ぎないように注意する。

STEP02

一部に溶剤が浸透しないために、レザーソープはポリッシングクロスに伸ばすように馴染ませることがポイント。

STEP03

乾いたポリッシングクロスで拭き続けるとレザー表面を痛めてしまうので注意。

STEP04

バッグ全体に満遍なくレザーソープで拭き上げたら、きれいなポリッシングクロスでバッグ全体を乾拭きする。

STEP05

レザー表面の落ちにくい汚れは固形クリーナーのソフトガミで、消しゴムの要領で優しく汚れを落としていく。
作業02
プレミアムプロテクトで防水を行う。



プレミアムプロテクトはバッグ全体に対して「Z」の字を描くように思いきり噴霧する。遠慮しながらだとスプレーが玉になり、色染みの原因となってしまうので注意すること。
防水処理を施したら、きれいなポリッシングクロスで乾拭きを行なう。プレミアムプロテクトには栄養成分も配合されており、レザー表面がしっとりとした質感に変わる。

作業03
プレミアムディアマントで保革・栄養を施す。


ポリッシングクロスにプレミアムディアマントを少量取る。あまり多量に取ってもレザーに塗布すると色むらになるので注意!!
ポリッシングクロスに塗布したプレミアムディアマントをバッグ全体に塗り込んでいく。その後、乾拭きして全体を満遍なく磨き上げる。


最後の仕上げはレザーグローブを使ってしっかりと磨く。バッグに艶が増すほか、レザー表面の指触りが滑らかに変わる。
Point 1
デリケートなレザーはそのリスクも理解することが大切!
高級レザーと呼ばれる多くの皮革はあまり加工されていないデリケートな素材が多く、作業には十分に注意したい。 なかでもカラフルに染色されたレザーはメンテナンスを行なうことで色落ちしてしまうこともあり、それらのアイテムを購入する場合。 そのようなリスクがあることも理解することが大切である。

編集レポート! 作業を終えて。



スムースレザーや合成皮革などに適したクリーナー。老朽化した皮革を引き締めながら汚れを落とし栄養を与える。
200ml 1,500円(消費税別)
詳細はこちら

シダーオイルにより革に栄養効果を与え、また高級レザーに適した防水スプレー。
200ml 1,800円(消費税別)
詳細はこちら

有機溶剤を使用しない保革・栄養クリーム。天然シダーウッドにより栄養・防水効果を与えてくれる。
100ml 2,500円(消費税別)
詳細はこちら

全てのスムースレザー製品のツヤ出し、乾拭き、ケア用品の塗布に使用できる。
34cm×34cm 400円(消費税別)
詳細はこちら

羊毛を使用した高級グローブで、あらゆる皮革製品の仕上げ拭き、ツヤだしに使用できる。
14.8cm×23.5cm 2,700円(消費税別)
詳細はこちら

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

ログイン

大切な情報のやり取りはSSLで暗号化されています

Mobile collonil.jp